ウィッチーズロック・オーリーズポイントボートツアーとは

ウィッチーズロック(魔女の岩)という名前は一度は聞いたことがあるかもしれません
その昔、コスタリカとニカラグアの国境近くにある火山が大噴火した時、この巨大な岩が飛んで来て海のど真ん中に落ちたといわれています
la roca
ボトムはサンドですが、インサイドにはリバーマウスがあり、そのおかげで整ったサンドバーが常に形成されています
波の特徴は非常にパワフルかつホローです

エンドレスサマーでとりあげられ、有名になったポイントですね
詳細はこちらを!!

どちらのポイントもニカラグアの国境に近いため、1年のほとんどの時期オフショアが期待できます
なぜ、ニカラグアに近づくとオフショアが吹くのかは、別の機会にブログでお話ししたいと思います

ウィッチーズロックから北にボートで15分移動すると大きな湾の中にオーリーズというライトのマシンブレイクがあります
Ollies perfection<
岬に沿って割れるこのライトはコンディションが良い日には150mもライド可能!!
実はウィッチーズロックよりオーリーズの方が好きという地元サーファーも多いです
詳細はこちらを!!

さて、この2つのワールドクラスのポイントを日本人のガイドつきで1日で両方楽しもうというのがボートツアーのアイデアです
ウィッチーズロックは4WD車があれば、国立公園内の悪路を運転し、アクセスすることができます
しかし、タマリンドから片道3時間(1時間半パンアメリカンハイウェイをドライブ、45分悪路をドライブ、45分徒歩)かかってしまいます
乾季にはテント・食料を持参しビーチでキャンプというアドベンチャーを楽しめます
何といっても手がつけられていない国立公園なので、様々な野生動物に出くわします
サルやナマケモノはもちろん、クロコダイルや大蛇など・・・
またオーリーズポイントは陸路でアクセスすることが不可能です

では1日の様子をみてみましょう

AM5:00 ホテルにお迎えに上がります
Tamarindo から Playa del Coco (プラヤデルココ)まで約1時間のドライブ
途中、地元のベーカリーに寄り、コーヒーをピックアップ!!

AM6:00 プラヤ・デル・ココに到着
coco
ここはサーフカルチャーが根付いたタマリンドとは違い、落ち着いたおしゃれなベイエリアとなっています
実はたくさんのイタリア人がこのエリアに住んでいます

AM6:30 警察署で国立公園入園料($15)を払い,ボートに乗り込みます
P1030116
タイドによって、ウィッチーズロックに先に行くか、オーリーズに先に行くかを決めます
個人的にベストだと思うのは、午前8時頃がロータイド、午後2時がハイタイドの日!!
細かいようですが、潮が少ない時間はオーリーズでロングライトを満喫、潮が上げてきたらウィッチーズロックでパワフルなブレイクを楽しむ!! つまり1日を無駄なく使えるわけです
但し、エネルギーを残しておくのをお忘れなく!!
オーリーズのコンディションが決まった日には、ウィッチーズロックに着くころにはくたくたです
朝食・昼食はボートの上で食べることができます
その他、ミネラルウォーター、ゲータレードなどのドリンク、フルーツ、スナックもつきます

PM3:30頃 サーフィン終了
PM4:30 プラヤ・デル・ココ到着
ボートトリップは終了です
ボートキャプテンにチップを渡したい方はご自由に!!
英語で グラシアス!! プラビダ!! と返ってくるでしょう

PM6:00 タマリンド、ホテル到着

おつかれさまでした

タマリンドのタウン内にはいくつもウィッチーズロック・オーリーズのボートツアーを扱っているツアー会社、サーフショップがあります
そのなかでも、よく知られているのはウィッチーズロックサーフキャンプです
$95(国立公園の入園料を含めると$110)で,タマリンドからココまでの送迎つきのボートツアーに出かけることができます
ついてくるのはドリンクと少しのスナックのみです
おそらく、タウンでは一番安い価格でしょう
但し、問題は人が集まらないとツアーが行われないため、前日にならないとツアーの有無が分からないということです
これは個人的な意見ですが、他のツアー客とごちゃまぜになって出かけるため、融通が利かないことが多いです

このツアーはサーフキャンプに含まれております
波のサイズ等を考慮したうえで、ベストな日を選んで、キャンプの中に組み込んでいきます
現在、ボートツアーを行っているボートは13漕ほどあります
日によっては、たくさんのツアー客で混み合う時もあります
ウィッチーズロックは広いビーチなのでそこまで大きな問題になりませんが、オーリーズはテイクオフポイントが一つのため人が多い日は波の取り合いになることがあります
よって、日程選びは非常に大切な要素になってきます

なにはともあれ、この2つのポイントはコスタリカが世界に誇るブレイクです
本領を発揮した時のウィッチーズロックは、強烈にほれたビッグバレルを楽しむことができます
witch's rock
本領を発揮した時のオーリーズは、パンと張った壁波がどこまでも続いていきます
ぜひ、コスタリカを訪れる皆さんには良いコンディションをあてて欲しいと思います

乾季の2月頃には一時的に水温が下がることがあります
アメリカ人は平気でトランクスやタッパーのみでサーフィンでしていますが、シーガルなどのウェットがあると非常に重宝します
ニカラグアの国境に近づけば近づくほど、水温が下がる傾向にあります
この時期にコスタリカを訪れるお客様には前もって、ウェットを持ってきたほうが良いかお伝えしますのでご安心ください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。